日頃の愚痴や趣味など

このブログのカテゴリの説明です

ゲーム関連 主にゲームプレイの日記ですが雑談も結構入ってます

本関連 本棚では読んだ本を掲載してます
    ですが未完成
    感想文では感想を
    オススメの本を常に募集しています

レビュー こちらでは主にゲームの感想を綴っています
     その他は映画の感想に発展する予定

あとは名前通りですので割愛


また相互リンクも募集させていただいております
趣味が合いそうだと思ったら一報お待ちしております

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回紹介する本は角川文庫より出版せれている楡 周平(にれ しゅうへい)著作の『Cの福音』です
楡作品は過去に『マリア・プロジェクト』という作品を読ませていただいたことがあり
その作品が面白かったのでこの本を手にとってみました

この作品には朝倉恭介vs川瀬雅彦シリーズの一作目らしいですけど
このCの福音は朝倉恭介の生き様しか書かれていません
ですので対決ものではないので注意です

この作品を読んでみると改めてドラッグの怖さとそれを利用する組織の怖さ
人間の金や誘惑への弱さなどがどんどんと入ってきます
人生をドラッグによって狂わされた人達の末路は寂しさを感じさせます
簡単にドラッグが手に入るようになってしまった今の日本への警告とも思わせる作品だと思いました

テレビを通してみる芸能界や政治の世界の裏では
暴力団などとの交際がある人達もいるとかいないとか噂される中
この人達ももしかしたらドラッグをやってるんじゃないかって思えてしまうほどの
強烈なインパクトのある作品で
読んでいくうちにどんどん引き込まれていきました

朝倉恭介vs川瀬雅彦と銘打たれいるので早くこの二人が対じしている場面がみたいです
ダークヒーローな朝倉恭介に対して
川瀬雅彦という人物が一体どんな人なのか
早く次の作品が読みたくなりました
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。