ビブリア古書堂の事件手帖2~栞子さんと謎めく日常~ レビュー

ここでは、「ビブリア古書堂の事件手帖2~栞子さんと謎めく日常~ レビュー」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回のレビューはメディアワークス文庫から出版せれている三上 延(みかみ えん)著作の『ビブリオ古書堂の事件手帖2~栞子さんと謎めく日常~』です

前作の『ビブリオ古書堂の事件手帖~栞子さんと奇妙な客人たち~』で続きが出ないかなって待っていた作品でしたので続きが出てくれてよかったです
前作を知らなくても一応は読めますが前作を知っておいたほうがより物語が楽しめると思います

感想としては相変わらずの名探偵な篠川栞子と助手の主人公五浦大輔が
「古い本には人の秘密が詰まっています」の言葉通りに謎を解いていきます
これは前回と全く変わらないですね
ただ今回の依頼人が大輔の元恋人の家族だったりと状況が少し変わります
大輔の過去と栞子さんの過去の話が多いのが今作の特徴でした

あとがきを読んでいただけるとわかりますが
物語はようやく本編に突入らしいです
次回作は絶対に出ると思うので楽しみですね
大輔と栞子がこれからどうなるのか楽しみな作品です
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akatukisiki.blog112.fc2.com/tb.php/530-07c0c29d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。