カンナ 天草の神兵 レビュー

ここでは、「カンナ 天草の神兵 レビュー」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回のレビューは講談社文庫様から出版されている高田崇文著作の『カンナ 天草の神兵』です

今回はタイトルからわかると思いますが島原・天草の乱についての話です
天草と言えば天草四郎
でもたしか学校で習ったのは乱じゃなくて天草一揆だった気がするのですが
いつの間にか変わったのかな?
ちなみに本の中で乱と一揆の違いについては説明してくれてますのでここでは割愛します
でも学生の頃は乱とか一揆とか違いがわからなくても平気でしたが
説明されるとまた歴史に対する面白さが増しますね

今回は鴨志田甲斐の忍っぽい活躍も描かれていて
カンナはこういう話がメインになるのかって思いました
QEDは静でカンナは動って感じなんですかね
これはこれで楽しいと思いました

『カンナ 天草の神兵』は少し頁数が少ないのであっさりと読めましたが
もう少し量があってもいいのかなって個人的には思いました
でもカンナシリーズの次の文庫化が楽しみです
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akatukisiki.blog112.fc2.com/tb.php/733-ef7324c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。